パートナー以外に預けたことある?子供の預け先8箇所!

 

 

赤ちゃんを誰かに預けた時・預けようと思った時罪悪感をもってしまった事はありませんか?

なぜネガティブになってしまうのか。そもそも、預ける事は子供にとってどんな意味を持つのか一緒に考えてみましょう。

 

 

 

パートナー以外に赤ちゃんを預けたことがありますか?

ある75%  ない25%

 

ある⇨預け先は?

  1. 祖父母:174人
  2. 保育所(通園中):18人
  3. イベントの託児室:11人
  4. 保育所の一時預かり:10人

商業施設の託児室:3人自治体の託児サービス:3人ファミリー・サポートセンター:3人

    民間の託児所:2人
    病児保育:2人
    その他:12人

 

ない⇨預けたことがない理由は?

  1. 預ける事を不安に思う:36人
  2. 預ける必要がない:20人
  3. 預けたいが、預け先がない:16人
  4. お金が高い、もったいない:12人
  5. 子供がかわいそうに思う:8人
  6. 預けたいが、預け先が利用しづらい:6人

 

子供の祖父母以外に預けたことがある人は多くありませんでした。

子供を預けることへの思いを聞いた質問では

「預けて息抜きをしたいけど、子供が泣く姿を想像したら出来ない」

「家族以外の預け先は事故や虐待が心配」

「完全母乳なので預けにくい」

「働いていないのにお金を払って預けることに抵抗がある」

「独占したいので預けたくない」などの声が。

 

一時預かりを利用してみたいという声がある一方、預けることに何らかのハードルを感じている人が多いようでした。

 

 

 

色々ある!一時預かりサービス

自治体の一時預かり

初めて預ける際にオススメなのは自治体の一時預かり事業。

児童館や保育所などのみじかな場で、比較的定額で利用できることが多いです。利用の理由はを問わない場合もあれば、通院・冠婚葬祭などの条件があることも。

預けられる年齢や料金も自治体によって異なります。

料金目安:1時間500円くらい〜

ファミリー・サポート・センター

多くの自治体にある子育ての支え合い制度。

地域のサポーター会員に、一時預かりを依頼できます。

利用するには、まず会員登録をして、サポーターの方と面談。

預かる場所は、サポーターの方の自宅、ということが多いです。

比較的安価で、サポーターの方と顔なじみになって継続的におつきあいできるのもメリット。

料金目安:1時間800円くらい〜

病児保育

「子供が急な発熱!でも仕事を休めない」などの緊急時に頼れるのが病児保育。

保育所や病院内に「病児保育室」が設置されていることが多いです。

また、館員生のNPO法人で、自宅で1対1で看護してくれるサービスなども。

あらかじめ利用方法を確認しておくといざというときに安心です。

料金目安:1日2000円くらい

ベビーシッター

病児保育や夜間保育、外国語での保育など、各社幅広いサービスがあります。

手軽なマッチングアプリなどもある一方、信頼できる相手を探す目も大事。

価格の面だけでなく、質を見極めましょう。

厚生労働省のサイトに「ベビーシッターなどを利用する時の注意点」が載っているので参考に。

料金目安:1時間1800円くらい〜

託児付き講座・イベント

託児付き講座は各地で開催されています。

まずは自治体の広報などをチェックしてみて。

民間でも、生命保険会社や生活協同組合、地域の子育て支援サービスなどが主催していることも。

内容も、育児講座からママのヨガやリフレッシュなど、さまざま。

料金目安:講座・レッスン料の他に託児料500円くらい〜

映画館・劇場での託児

ゆっくり芸術鑑賞してほしいと、託児所が併設され、託児付き鑑賞プランがある映画館や劇場が登場しています。

料金目安:映画館の場合1時間800円くらい〜 劇場の場合1公演2000円くらい〜

美容院・歯科医院での託児

「赤ちゃんがいて美容院や歯科医院へ行けない!」というママの声に応えた、託児付きの美容院や歯科医院も増えています。

キッズスペースでスタッフが見守ってくれるところや、保育士が預かってくれるところも。

料金目安:1時間500円くらい〜

託児付きレストラン・エステ

ホテルの託児サービスに赤ちゃんを預け、ママはゆったりとレストランでランチやエステなどを楽しめるといったゴージャスなサービスも。

料金目安:ランチ+託児で6000円くらい〜

 

探してみよう!

「預けてみたい」と思ったら、まずはお住いの自治体の公的なサービスを確認してみて。

また「託児 講座 ○○市」などでネット検索してみると意外な託児先が見つかることも。

目星をつけたら、電話などで詳細を問い合わせてみましょう。

 

 

 

預ける気がかり

 

赤ちゃんを預けてみたいものの、木になることや不安はたくさん。

そんなママたちの声をQ&Aで紹介していきます。

 

離れると泣くので赤ちゃんがかわいそう
赤ちゃんは、世話をしてくれる人に放置されると生きていけないので、なくのは自然なこと。泣かれると辛くなる気持ちはわかりますが、子供には適応力があるので、離れる回数を重ねるうちに徐々に慣れていきます。

安定した関わりがでいる保育士であれば、愛着の対象にうなりうるので、子供にとっては信頼できる人が増えるというメリットがあります。

愛着にも発達段階があります。赤ちゃんは最初、物理的な近さで安心感を得ますが、しばらくすると、心の中で「この人はいなくなっても戻ってくる」とイメージできるようになり、ママから離れても活動できるようになります。

ただし、そうなるためには、経験を積む必要が。預ける事は「離れても大丈夫」という学習の機会にもなります。

 

 

小さな頃から他人に預けたら発達に影響しない?
もちろん保育の質が大事になりますが、フルタイムの就業で保育所に0歳から子供を預けた場合でも、発達的には問題ないとされています。3歳児検診では、母親が就労している子供の方が、むしろ少し発達が早いという報告も。
発達が早ければいいというわけではありませんが、園で子供同士の仲間遊びができていることの影響が大きいようです。
保育園を見学するとわかりますが、0歳じ同士でもお互いに刺激を受けています。他の子が遊んでいるおもちゃに興味を持ったり、遊び方を真似してみたり、他の子が食べていると家で食べない野菜も口にしたり。
特に少し上の月齢の子がいる環境は社会学習を促します。できる子を見て真似るという機会がたくさんあるからです。
家族以外に預けるのは事故や虐待が心配
客観的に見れば、そういう事故や事件のあった施設はごく少数でしょう。
見学に行く、情報を集めるなどの下調べをして「ここは大丈夫だ」というところに預ければ、基本的には心配はいらないと思います
事故・事件は報道されますが、いい事例は耳に入りにくいもの。
毎年何十人もの子供達を見ている保育士は、子供の扱いだけでなく、さまざまな子供のことを知っていて、発達を促す技術を持ったプロ
そうした意味ではどんな子沢山の親や祖父母よりも経験値は上です。
親はどうしても忙しく、先回りして子供の世話をしがちですが、保育士は、子供が自分でできる環境づくり、「待つ」ことを大事にしてくれます。
それは家庭ではなかなか実現しにくいことです。
母親がずっと一緒の方が子供にとっていい気がします。
楽しく育児に専念できる人は問題ありませんが、心配なのは、就労している母親と比べて、育児に専念している母親の方が、育児ストレスが高いというデータがあるということ。
ストレスを感じながらも、良かれと思ってずっと一緒にいるのは、かえって子供にとって良くない可能性も。
ママのストレスが大きくなる前に、子供を預けて、自分の時間を持つことも大切にして欲しいです。
また自分の子供だけをずっと見ていると、まだこんなこともできない…と不安になりがちですが、預け先で色々な子供を見ることで、「周りの子もできないことがあるんだ」と発達の凸凹感を目の当たりにできるというメリットもあります。

最後に

この記事を見て、少しでも赤ちゃんを預けることへの抵抗が軽くなったでしょうか?

このご時世、お出かけできずずっと子供と一緒で疲れてしまっているママも多いですよね。

今のうちに預け先をリサーチしておいて、コロナが落ち着いたら子供を預けて少し休憩してみませんか?

完全母乳だから…と思う方もいると思います。そんな子だって大丈夫。預ける前にたっぷり飲ませて1時間など短時間からスタート。

徐々に慣れていけばいいのです。

またそんなこのために哺乳瓶の練習方などをまとめた記事があるのでぜひ読んでみてくださいね。

哺乳瓶克服のためにチャレンジしたこと

ミルクを飲まない|哺乳瓶を拒否する理由9つと克服するために試した9つの方法

 

 

 

最新情報をチェックしよう!