ミルクを飲まない|哺乳瓶を拒否する理由9つと克服するために試した9つの方法

完全母乳のママでもたまには赤ちゃんを預けてお出かけしたい時もありますよね。

そんな時はミルクをあげることになると思うのですが、「あれ?飲まない。」なんてことがあります。

絶対にお腹が空いているはずなのに頑なに拒否する赤ちゃんにお手上げ…。

我が家の長女も完全母乳だったのですが、保育園に預けるために哺乳瓶の練習をしようと思ったらまぁ飲まない!!

そんな長女の哺乳瓶拒否を克服するために私が試したことを紹介していきます。

 

 

哺乳瓶を拒否する理由

哺乳瓶を拒否する理由は赤ちゃんによって違います。

 

母乳の方がいい

いくら母乳に近い味のミルクと言えど、やっぱり母乳とミルクは違うもの。

ずっとママのおっぱいを飲んでいたのに急に違うものになってしまって困惑しているかも。

まずは搾乳した母乳で試してみましょう。

 

お腹が空いていない

そもそもお腹が空いていないなんてことはないでしょうか。

ママのおっぱいは頻繁に飲むのに…と思うかもしれませんがママに甘えたいだけなのかもしれません。

本当にお腹が空いて泣いているのか、一度あやすなどして確認してみましょう。

 

ミルクの味が嫌

ミルクもメーカーによって成分や味が違います。

このミルクは嫌がるのにこのミルクは飲んだ!なんてこともあります。

少量のものやサンプルなどでいろんな種類のミルクを試してみましょう。

 

乳首が嫌

個人的にこの理由が一番多いのではないかと思います。

今までママの温もりのするおっぱいだったのに、急にゴムを口に入れられて飲めと言われるのですから。

この場合、乳首の部分をお湯で温めてから口に入れてあげましょう。

 

消毒液の匂いが嫌

我が家の長男はこれでした。

ミ○トンを使っていたのですが、あの独特な匂いが嫌だったみたいで、電子レンジで消毒できるものに変えたらあっさり飲んでくれました。

 

ミルクの出が悪い

ママのおっぱいだとたくさん出てくるのに、哺乳瓶だと少しずつしか飲めない。

それが嫌で飲まない場合は乳首を変えてみましょう。

月齢に合わせてたくさんの乳首があるので赤ちゃんに合った乳首に変えてあげましょう。

 

ミルクの温度が嫌

ミルクが熱いまたは冷たいから嫌という場合もあります。

基本は人肌くらいの暖かさですが、色々試してみましょう。

 

体制が嫌

赤ちゃんによって飲みやすい体制があります。

おっぱいの時は抱っこしてもらえるのにミルクだとしてもらえないなども。

普段授乳クッションを使って授乳している場合はミルクの時も使ってみましょう。

 

ミルクアレルギー

飲むけど何度も吐いてしまう、なんて時はミルクアレルギーの可能性もあります。

嘔吐や下痢・血便や蕁麻疹などの症状が現れることもあります。

赤ちゃんの様子をしっかりとみて、異変を感じたら病院へ行きましょう。

ミルクアレルギーでもアレルギー用のミルクがあるので、診断された場合はそちらにしましょう。

 

 

 

 

哺乳瓶克服のために試したこと

哺乳瓶の種類を変える

哺乳瓶や乳首にも色々な種類があります。

少しお金はかかりますが、何種類かの哺乳瓶・乳首を試してみましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピジョン 母乳実感 哺乳びん プラスチック 240mL×1個
価格:1729円(税込、送料別) (2020/3/25時点)

楽天で購入

 

 

我が家の長女が最初に飲むようになったのはこのシリーズでした。

ネットで見た感じ、これで飲んでくれるようになったという声が多いようです。

 

寝起きに飲ませる

寝ぼけている状態だとおっぱいと間違えて飲んでくれる、なんて子もいるそうです。

我が子には全く通用せず、ギャン泣きでした。

 

お腹が空いている時に飲ませる

もしかしたらお腹が空いていないのかと思い、泣いていても抱っこであやす→寝るの繰り返しをしました。

数時間が経って流石にお腹が空いているはず、さあ飲んでくれ!とミルクをあげましたが飲みませんでした。

どれだけお腹が空いていても哺乳瓶は嫌みたいです。

 

搾乳した母乳を入れる

もしかしたらミルクの味が嫌なのかなと思い、搾乳した母乳を入れて与えてみました。

結果、全て排水溝へと流れていきました。

 

哺乳瓶の乳首を温める

今まで乳首をくわえることすら嫌がっていましたが、温めることでくわえるまでは行けました。

 

ミルクの温度を変える

我が子は少し熱めが好きなようで、温度を変えたらすこーしたけ飲んでくれました。

が、まだこれだけでは預けられません…。

 

スプーンであげてみる

スプーンだと問題なくミルクを飲みました。

スプーンで与えて、哺乳瓶をくわえさせての繰り返しで少しだけ飲みましたが、私が疲れてしまいました。

 

おっぱいとすり替える

おっぱいを飲ませている最中におっぱいを離して哺乳瓶にすり替えるというもの。

我が子には全く通用せず、哺乳瓶を口に入れた瞬間ギャン泣きでした。

 

離乳食の直後飲ませる

我が子の哺乳瓶拒否に一番効いたのはこれだったと思います。

離乳食を始めたばかりだったのですが、離乳食を食べた後そのままミルクも与えたら(哺乳瓶で)驚くほどすんなり飲んでくれました。

離乳食と同じく【おっぱい以外の食事】として飲んでくれたのでしょうか。

理由はよくわかっていないのですが、今でも離乳食後はごくごく飲んでくれます。

 

 

最後に

当たり前に飲めると思っていたミルク。

ですが、哺乳瓶を長いこと使っていない赤ちゃんは哺乳瓶=食事とわからずに戸惑ってしまいます。

出来ることならば、普段から哺乳瓶の練習をしておくといいでしょう。

ですが、忙しいママにそんな余裕はないかもしれません。

知らない間に哺乳瓶を受け付けなくなっているかもしれません。

そんな時に大事なのは、『焦らない・無理をしない』だと思います。

私自身、保育園に預ける少し前まで全く哺乳瓶の練習なんてしてませんでした。

保育園に通う直前になって、哺乳瓶拒否であることに気づき、どうしよう!とすごく焦りました。

焦った故に嫌がる我が子に無理をさせてしまったのです。

嫌だというものを無理やり口に押し込まれたら誰でももっと嫌になりますよね。

保育園によりますが、どうしても哺乳瓶が苦手な子にはスプーンであげてくれるところもあるみたいです。

まず、保育園にどうしたら良いのか聞いてみましょう。

きっと解決策はあるはずです。

無理せず、焦らず根気よく頑張りましょう。

最新情報をチェックしよう!