赤ちゃんのお風呂浮き輪グッズ、スイマーバは安全?いつから?実際に使ってみた結果

スイマーバを使っている赤ちゃんの写真って可愛いよね〜

スイマーバを着けている赤ちゃんの写真とかをSNSで拝見すると、
「可愛いな〜!!」って思う反面、

「顔の小さい赤ちゃんだと浮き輪抜けないかな?」

「首が締まって窒息しないかな?」

とか不安になりませんか?

スイマーバ使ってみたいけど、いつから使えるの?や安全なの?
という疑問に対してズバッと回答すると同時に
今回は私も子供2人に使用した経験も踏まえてレビューさせて頂きます!!

この記事を読んで欲しい人

・スイマーバとは何か

・スイマーバはいつから使えるの?

・スイマーバは危険と聞くけどどうなの?

 

【まず初めに】スイマーバとは?

まずは、スイマーバとは何か?について説明致します。
そもそもスイマーバとはメーカー名で正しくはSWIMAVAと記載されます。
今回紹介するスイマーバとは首リングの事を指します。

以下スイマーバのHPになります。

スイマーバの首リングとは何かをHP引用させて頂くと、

0歳から始める、うきわ型スポーツ知育用具
首リングは赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズすることを目的に開発された、うきわ型スポーツ知育用具。首にうきわを付けることで、水の中での手足の動きを妨げることなく、自由な動きをサポート。赤ちゃんがぷかぷかスイスイ泳ぐ姿はとっても可愛らしく、さまざまな効果も期待されます。

らしいです。

首での浮き輪である為、水中で手足が自由に動かせる知育用具
との事です。

Pino
確かに沐浴が終わって一緒にお風呂に入るときは抱っこして入る事が多い為、
手足が自由では無いので、スイマーバの首リングだからこそ可能な行動ですね!!

 

商品スペック

素材 PVCプラスチック

※子供が舐めたりしても安全な、玩具安全基準に適した素材

対象年齢・質量 生後18ヶ月かつ体重11kgまで
安心構造 片方から空気が漏れても急激に沈まない上下2層構造

 

よく舐める赤ちゃんでも大丈夫な素材で1歳半まで使用できる為、非常に長く使えますし、
空気が漏れても直ぐに沈まない為、安全ですね!!

特徴

  1. プールやお風呂でスイミング体験
  2. 浮き輪で首を絞めつけることは無い
  3. 全身運動で程よく疲れて快眠
  4. 生活リズムが身につけるために効果的
  5. 親子の大切なコミュニケーションが取れる

 

HPを参照した際の特徴を記載させて頂きました。

赤ちゃんの頃は運動する機会が少ない為、スイマーバを活用して、
運動させる手段として活用しても良いかも知れませんね!

安全面で気になるのは②の「浮き輪で首を絞めつけることは無い」という点です。

浮き輪をあごと後頭部で支える為、浮き輪で首を絞める心配が無く、
浮き輪と首回りの間には親指2本分ゆとりある状態にベルトを調整して使用する事が条件となります。
この点だけ守って使用すれば首締めの心配がないとの事です。

Pino
水没する心配も無く、
首を絞める心配も無いので安全ということがわかりました。
+aすると運動するきっかけになるので、良い事尽くしだと思います!

【疑問】スイマーバはいつから使えるの?

上側に顎を乗せることが首リングのデビューの目安になります。
対象年齢は0歳〜生後18ヶ月且つ体重が11kgまでとなっております。

浮き輪と首回りの間に親指2本分ゆとりのある状態で使用して頂けたらと思います。

読者
うちの子は小顔だから危険だな・・・。
Pino
そんな人も諦めないで!!
小顔の赤ちゃん用の為に首周り、内径がそれぞれ1cmほど小さくなっているプチタイプも存在しますので、
こちらも検討して頂けたらと思います!

【レビュー】スイマーバは安全?危険なポイントについてレビュー

スイマーバを買って良かった点

最初私は存在自体知らなかったのですが、
嫁が「スイマーバ可愛いよ!」という事で、
調べてみたら、良い事づくしでしたので、購入しました。

実際使って見ると、プカプカ浮いて可愛い様子を眺めているだけで幸せでした!

また、手足が自由である為、試行錯誤で前へ進む方法を考えて手足を動かしている様子を見ると微笑ましくもあります。

その他にも抱っこでお風呂に入るときに比べて退屈になって泣いたりは無くなり、
遊び疲れて泣くという風になりました。

結果として、風呂上がったら直ぐに寝てしまうくらい疲れてしまうようです。

スイマーバを買って良かった点

・赤ちゃんが退屈じゃ無くなる
・手足を動かす練習になる
・お風呂上がりに疲れて寝てしまう

スイマーバを買って悪かった点

私達の使い方が悪いのですが、
嫁(旦那)が所用でおらず、ワンオペでお風呂に入るという経験はありませんでしょうか?

ワンオペのお風呂って手も足も濡れてしまう為、非常に大変ですよね。。。

私はスイマーバをワンオペ育児で使えるのでは?
と考えて、先に子供を洗ってスイマーバで桶に浮かして、
その間に体や頭を洗うという作戦に出ました。

これが大失敗!!

使用方法として、「水深は赤ちゃんが足を伸ばしてちょうどそこにつくぐらいの深さに調整」と記載があります。
ただ、実際お風呂のサイズって決まっていると思いますし、我が家のお風呂は子供が足を伸ばしたら足が着いて地面を蹴る力でスイマーバがひっくり返りそうになる!という事象がありました。

実際はひっくり返りませんでしたが、グズって暴れ出したら危ないと私は思いました。

頭流す時や顔洗う時(目をつむるとき)は最短で終わらせて、
赤ちゃんの様子を見れる状態であれば、ワンオペとして使えるかも知れませんが、
実際事件があってからでは遅いので、ワンオペには少々向かないかな?と思いました。

スイマーバを買って悪かった点

・赤ちゃんがグズるとひっくり返る危険性がある
・ワンオペには不向きかも知れない

 

【まとめ】スイマーバは使い方さえ間違わなければ安全!且つ可愛い!

 

スイマーバを紹介しましたが、いかがでしょうか?
以下にまとめを記載致します。

スイマーバのオススメな点

  1. 子供の体を動かすきっかけになる
  2. 生活リズムを整える役割がある
  3. 浮いている姿が可愛い
  4. 安全設計
  5. 親子のコミュニケーションツールとなる

安全設計ではあるが、目を離すのは厳禁な為、ワンオペには使用は難しいかと思います!
と言っても約3,000円で約1年使えて上記のメリットがあると思うと私は安いのでは無いかと思います。

 

最新情報をチェックしよう!