お米の計量カップが無くても問題なし!お米1合を簡単に計る3つの方法

炊飯機を買えば必ず付いてくるお米専用計量カップ。

しかし、一人暮らしの友人からもらったりすると計量カップが付いてなかったりすることも・・・。

そんな時、毎回大雑把に一合を計って炊いているようじゃ、いつも自分好みのおいしいお米を炊くことはできません。

なぜなら、米と水の比率が毎回バラバラだからです!

ですので、今回は、計量カップを紛失してしまったかたでも、自分好みのおいしいお米を炊く方法を伝授いたします!

 

広告

前提条件:お米1合=180ccである

お米1合=180ccというのは言わずもがなの事実であります。

重さでは約150g。

これを頭にいれて下記する方法を読んで頂きたい。

計量スプーン(大さじと小さじ)

大さじ・小さじをうまく利用して180ccを作りだそうという作戦だ。

大さじ=15cc

小さじ=5cc

大さじで1合をつくるには・・・
180÷15=12回
12回繰り返せば、1合を作ることが可能になります!

しかし、このような手間を毎回かけてまで自分好みのおいしいお米を食べたい!というグルメはいないはず・・・。

計量カップ(200cc)

計量カップ(200cc)を利用すれば、
計量カップなら約180ccのメモリまでお米を入れるだけで、ほぼ1合になります

結果として、計量スプーンより早く1合を計ることが可能になっています。

しかし、お米用の計量カップに比べたら、180ccにする調整時間が無駄と考えてしまいます。

お米計り機能付き保存容器

お米計り昨日付き保存容器をオススメします!

お米を保存することができれば、レバー一つで1合が計れてしまう為、従来のお米計量カップを使うより素早くお米を計ることが可能です!

また、カラーバリエーションも豊富である為、昔みたいにキッチンの下に隠すようにお米を入れる必要もなくなり、オープンで出しておくこともインテリアとして使えるでしょう。

お米計量カップがないときの対策まとめ

お米計量カップが無くなってしまった時は、以下のアイテムがあれば、なんとかお米1合を計ることが可能である。

  1. 計量スプーン
  2. 計量カップ
  3. お米計り機能付き保存容器

3番目のお米計り昨日付き保存容器はお金がかかってしまうものの、時間短縮・インテリア性・正確性全てにおいて従来のお米計量カップに比べて勝る部分がある為、一度検討してみてはいかがえでしょうか。

最新情報をチェックしよう!