正月飾りを外す日はいつ?処分方法は?飾りつけをする驚きの理由とは?!

年末に松飾りや鏡餅を玄関先、玄関に置き小正月に片付けるというのが日本の文化が存在します。

しかし、正確も地域に違うと聞きます。
正確には、小正月は1月の何日なのでしょうか?

また、日本には何故このような文化があるのでしょうか?

今回はコチラを解説していきたいと思います。

広告

何故、松飾り・しめ縄・鏡餅を飾るのか?

正月に飾る松飾り・しめ縄を飾っておく期間のことを松の内といいます。

年の暮れに松飾り(門松)を立ててお迎えした年神様に滞在していただく期間で、松を取り付けている間とか、神様に待っていただく間などという意味といわれています。

小正月は地域により異なるが、一般は7日

正月に飾る松飾り・しめ縄を飾っておく期間のことを松の内といいます。
松の内が明けるまでお正月飾りは飾ります。

お正月飾りは年末に飾り、元旦に歳神様をお迎えする為のものなので松の内が開けるまで飾ります。
松の内が明けるまで歳神様は鏡餅に宿ります、鏡開きも松の内が明けてからです。

 

松の内の期間は地域の依って違います。

一般的には1月6日までとし、松飾り(門松)を6日の深夜または7日の早朝に取り除くのが風習になっていますが、

一部の地区では14日の深夜または15日の早朝に取り除くなど、地方によって異なります。

14日・15日・16日となっている地域の理由は?

一番有力説は「どんど焼き」でしょう。

小正月の行事で、この行事自体は全国的に行われていました。(過去形です)
過去形と書いたのは、条例で禁止されている自治体が増えました。
門松や注連飾り、書き初め他を持ち寄ってお焚き上げする行事です。
その名残がある地域は15日に正月飾りを仕舞い、そのままお焚き上げをするという地域でしょう。

その他にも、16日は藪入(やぶいり)と言って、昔は嫁いだお嫁さんが新年はじめて里帰り出来る日となっていました。
しかし、昨今は自由に出入りしていますので、この習慣は無くなってきてますね。

飾り終わったものは神社へ持っていこう

飾り終えたしめ飾りは、近くの神社に古いお札などと一緒に持っていって供養してもらいましょう!
というのも、年神様が宿っていたという経緯から供養する必要があります。

又、地区のどんど焼きのような行事があれば、そこに依頼しても良いです。

一般ゴミと一緒に処分することだけは止めましょう

まとめ

正月飾りを行う理由は、「年神様をお迎えする為」です。

また、正月飾りをしまう時期は、「松の内が明けるまでで」です。

その松の内の時期が地域によって違う為、地域にあった時期に仕舞うことをオススメします。

最後に処分方法ですが、神社に持っていって供養してもらうのが一般的です。
一部地域ではどんど焼きで焚き上げてもらって下さい。

 

また余談ですが、おせち料理は歳神様をお迎えして歳神様と共にいただきます。
おせち料理をいただく際に祝い箸(両口箸)を使うのは、両口が尖った片方は自分が使い、もう片方は歳神様がお使いになられるからだそうです。

最新情報をチェックしよう!