助産師に聞いた!妊娠初期に1日1杯ならカフェインをとっても良い?!

妊娠発覚後は「カフェイン・アルコールは極力控えるように」と、ネットに書かれていたり、産婦人科の先生等に言われるかと思います。
これは有名な話で、男である私も結婚する前から知ってました。

 

しかし、コーヒー中毒の方って多くいるかと思います。
ある一部の方ですと、朝コーヒーを飲まないと便秘になるという方もいるくらいです。

では、本当にカフェインをとってはいけないのでしょうか?

広告

助産師さんに聞いた、1日1杯ならOK

1日1~2杯程度ならコーヒー飲んでも大丈夫と助産師さんに教えていただきました。

カフェイン中毒・コーヒー中毒の方には朗報ですね!

しかし、以下の危険性だけは把握しておく必要があるかと思います。

流産、死産の確率については、カフェインの摂取量が1日150mg未満の妊婦さんに比べて、300mg以上摂取する妊婦さんは流産のリスクが2倍、 コーヒー1日8杯以上で死産のリスクを高めるという報告があります。(コーヒーのカフェイン含有量:100~150mg/杯)

 

しかし、カフェインって意外と効力がある!?

カフェインには以下の作用があります。

  • 眠気や疲労を除去
  • 運動機能を高める
  • 疲労感をおさえ、活動性を増大させます。
  • 基礎代謝を増加

メリットが多いですね!
こりゃ、コーヒー好きが多いわけだ!!

しかし、カウェインを取りすぎると、不眠、不穏、精神興奮、筋緊張、頻脈、呼吸促進などがみられる為、注意しましょう!!

 

一番良くないのは、ストレス・気にしすぎ・薬

  • 「妊娠中はカフェインを取ってはいけない!」
  • 「ストレスでイライラする!」

という方は無理せず飲んだ方が逆に良いかもしれません。

 

一番気をつけたいのは、『薬の服用』です!

薬に含まれている物質が一番赤ちゃんの体に影響が出る為、一番気をつけたいですし、
できることなら、服用しないのが一番でしょう。

まとめ

カフェインを取らない方が良い!

というのが一番の正解になるかと思います。

最新情報をチェックしよう!