投資と投機の違いは?我々が必要、やらなければならない事はどっち?

 

皆様最近本屋に行かれたりしませんか?

本屋の店頭に並んでいる本は基本的に世の中の話題がある本だったり、人気がある本だったりとある程度の世間の声が反映されているといっても過言ではありません。

 

そんな中、必ずと言っていいほどあるジャンルの本が書店の店頭に並んでいるんです。

 

それは、昨今話題になっています。

「将来の貯蓄」

「老後の不安」

「財政形成」

最近よく耳にするフレーズではないでしょうか?

簡単に言えば投資です。

 

なぜ最近になってこのようなフレーズやジャンルが話題になっているのでしょうか?

 

広告

投資が話題になっているのは何故?

答えとしては、「将来への備え」ですね。

 

少子高齢化の為、将来的に年金を国が払えるかわからない状況ですよね?多分20~40年後は年金がすごく小額か無くなっているかのどちらかでしょう・・・。

(まぁ、日本に住んでいる以上しょうがないんですけどね!)

 

国や会社におんぶに抱っこでは将来的にはやってけないと考えるべきでしょう。

そこで、自分のことは自分で守りましょう!

という働きかけが最近の将来の貯蓄に繋がっているのではないでしょうか?

 

 

最近では国が将来の備えの為に投資を促しているという動きもあるんですよ。

・NISA

・IDECO

 

ニーサやイデコ。

ここらへんの単語を最近耳にしませんか?これが国の投資政策みたいなものです。

投資には税金がかかってきます。勿論、投資信託も信託報酬だけでなく税金がかかってきます。その税金を無くします!なので、投資してください!!自分の身は自分で守れるようにしてください!という思いが国にはあるのではないでしょうか?w

すごくザックリですが国の政策はこんなところです。

 

なので、国も投資を推している。

評論家や投資家もそれに便乗してネットや本を出す。

会社も乗せられ、将来の貯蓄について考え出す。

個人が動くようになる。

 

というサイクルによって昨今の将来の貯蓄が生まれているのではないでしょうか?

 

投資と投機

投資、投資と言っていますが、投資とはなんでしょうか?

 

投資とは将来を見越してお金をかける行為だと私は思います。

 

・将来の自分にお金をかける(自己投資)

・将来的に大きくなるであろう会社にお金をかける(株式)

・将来的に今よりお金増えてたらいいからお金を投資家に預ける(投資信託)

 

このほかにもあると思いますが、代表的なやつを挙げさせていただきました。

 

最近流行りの仮想通貨はどうか?と言われたら、現段階だと投機ではないか?と思います。まだ、クレジットカードなどのように現金以外での支払い方法が世に浸透していないという理由だけですが。。。

 

よくギャンブル(パチンコ)で

「3万投資で5万返ってきた」

という言葉を友人から聞いたりしませんか?

 

ではギャンブルは投資か?

と言われたら正直8割は投機でしょう。

 

投機とは運任せにお金をかける行為だと私は思います。

 

・なんとなくかかりそう(パチンコ、スロット)

・なんとなく当たりそう(宝くじ)

・そろそろ上がるでしょ?(Fx、株)

 

 

では、2割はなにか?と言ったら、

確立された根拠の元行った投資を行い、継続的に収入が得れるモノは投機に含まれないのではないか?と私は思います。

 

ギャンブルは基本的にお店と客との勝負になります。

どのお店も赤字を切りたくないので、全体的に見たら必然的に客が負けることになります。

では、勝つ人間はどんな人間か?というと

 

・天井が999Gで今700Gだから、期待値が3,000円ある(スロット)

・テクニカル分析の結果上がる(Fx)

 

このように同じ対象のモノでも考え方や知識を持っていて確立された根拠の元行う投機は投資になるのではないか?と思います。

 

なので、稼ぎ方や将来の備え方は意外とたくさんあるように感じます。

 

まとめ

将来の蓄えが必要というのはわかっていただけましたか?

では、我々が今からやるべきことはなにか?

と言われたお金の勉強が一番ではないでしょうか?

 

その次にあらゆる稼ぎ方、投資を学び、自分にあったスタイルで将来への財政形成を行うのが一番ではないでしょうか?

 

 

最新情報をチェックしよう!