【株を始めようとしている人必見】オススメ証券口座はSBI一択!その3つの理由

  • 2018年11月5日

 

昨今、老後の資産形成が必要と言われている。
そこで、投資知識・株知識が無い素人でもお金をプロに預けて投資をしてもらえる投資信託というのが話題になっている。
「1,000円から増やす積み立て投資」

「積み立て投資が安全且つ確実に増える」

という文言を利用している書籍等は基本的に投資信託になります。

 

また、個人で株を始めようとしている方も少なからずいるかとおもいます。
しかし、投資信託を行うにも証券口座を開設しなければなりません

 

実際、投資信託は確かに知識無くお金を預ければ良いわけですが、あまり私はオススメしません。理由は手数料や、収入がマイナスになることもあるからです。

そこで、私は個人投資をオススメします。

その個人投資を行う為に必要な証券口座。

オススメのSBI証券口座を紹介したいと思います。

 

広告

取引手数料が比較的安い

取引手数料って初心者でもわかる結構重要なポイントになるかと思います。

まず、総合証券とネット証券という括りがあります。

  • 総合証券とは窓口があり、そこでしか取引ができない証券会社
  • ネット証券とはネットで売買ができる証券会社

になります。

 

総合証券は株の選定や説明が受けられる為、その点オススメですが、手数料が高いため、オススメしません。

逆にネット証券は手数料が安いため、オススメです!

 

その中でも私がオススメするSBI証券は、比較的安い部類に入ります。

外部リンクにはなりますが、ネット証券会社の手数料比較になります。

こちらを参考にして頂くと松井証券が10万以下だと魅力的に見えますが、それ以上の価格になると高くなります。

その反面、全体的な価格帯で平均以下の手数料をだしているSBI証券が安いのがわかります。

 

IPOチャレンジポイントがある

IPOという株が存在することをご存知でしょうか?

IPO株とは、上場前の株で上場する際に株を発行する。
上場するとなれば必然的に人気が集まりやすく、抽選になる。
また、9割プラスというデータが存在するらしい

 

IPO株を獲得するためには抽選を受けなければならない訳だが、これが全然あたらないのです!!

当たれば9割勝てるというのに、その土俵に立てないのです!

 

で、それを当たりやすくする工夫がSBI証券にはあります!

それがIPOチャレンジポイントです。

IPOチャレンジポイントとは、IPO株に落選した際に1ポイント寄与され、自分の好きなタイミングでIPOチャレンジポイントを放出して、欲しいIPO株の当選率を上げることが可能になる。

簡単に言うとこうなるのですが、仕組みとしては、SBI証券がIPO株の20~30%をIPOチャレンジポイント分で用意しており、IPOチャレンジポイントの放出が多い人順に当選をさせるというものである。

なので、いつかは当たる可能性が高くなる!ということです!

SBI銀行と連携すると、使い勝手が良すぎる

SBI銀行がとても使い勝手が良いんですよね!!

コンビニATM利用がいつ使っても月1回は必ず無料で行えます。

なので、普通に銀行口座としても活用できます。

 

しかし、一番のポイントは証券口座と銀行口座のブリッジが楽という点です。
IPO株に合わせて証券講座にお金を入れておきたいけど、急な出費が発生した場合などにブリッジを使えば、すぐに銀行口座に入るため、コンビニで引き落としが可能になるというわけです!

 

まとめ

圧倒的開設者数を誇るSBI証券を今回紹介致しました。

まとめますと、

  • 手数料が比較的に安い
    IPO株に強い
    提携している銀行口座が使い勝手が良い

ということになります!

最新情報をチェックしよう!