【赤ちゃんのいたずら防止】iPhone画面タッチの無効化簡単設定

赤ちゃんって目を離すとスマートフォンを触っていたりしませんか?
赤ちゃんが触っている時に、皆さんもこんな経験ありませんか?

  • 誰かに電話しようとしていた
  • いろんなアプリを開いていた
  • イタズラみたいなことをされた(アプリを消される)

多分どれかには当てはまるかと思います。

何故かわかりませんが、赤ちゃんってスマホが好きなのか、人が持っているものが好きなのかわかりませんが、いじりたがりますよね。

 

また、ぐずった時などに動画はとても最適なので我が家でもよく活用しています。
先日紹介したクロームキャストを使った手法であれば、テレビにYouTubeの画面を映し出す為、赤ちゃんに画面を触らせることもありません。
なので、イタズラは無いかと思いますが、外出先でぐずった時はスマートフォンを渡して見せなければならない為、必ず画面を触ってしまいます。。。

クロームキャストの値段は?初心者でも5分で簡単設定方法・使い方

今回はそんな赤ちゃんの為に、スマートフォン(iPhone)をいじらせるけど、イタズラをさせない設定を教えたいと思います!!

 

 

広告

画面タッチイタズラ防止策 アクセスガイドを活用するべし!!

この機能を利用することで画面タッチだけでなく、ホームボタンも押しても反応しないようになる為、赤ちゃんのイタズラには最適なわけですね!

 

アクセスガイドの設定方法

iPhoneの最初のページから

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」

次に、

  1. アクセスガイドON
  2. ショートカットを表示ON
  3. パスワード設定を行う

これで登録は完了です。

 

アクセスガイドの使い方

ホームボタンを3回タップをすれば現れます。

そこで使用不可にしたいものを選択します。

例えば、動画再生中であればホームボタンと画面タッチを制限すれば赤ちゃんがどんなにスマホをいじっても画面は変わらずイタズラができなくなるわけですね。

 

アクセスガイドの終了方法

ホームボタンを3回タップし、左上の終了をタップで終われます。

 

まとめ

iPhone純正の機能なので安全ですし、簡単に設定ができる点もいいかと思います。

 

また、使い方も簡単なこともポイントの一つではないかな?と思います。

是非活用してみてください!!

 

最新情報をチェックしよう!