【節税】ふるさと納税で賢く節約?!その仕組み、メリット、デメリットについて

皆さんは「ふるさと納税」というモノはご存知ですか?

 

 

簡単に説明してしまうと、

2千円でお米やお酒がもらえちゃう!

というモノです

 

昨今ではだいぶ有名になってきており、

知っている方も多いように感じます。

 

ふるさと納税という言葉は知っているけど、やっていない人の大半の心境は、

「知っているけど、めんどくさそう・・・」

「確定申告やったことないし・・・」

という感情ではないでしょうか?

実は私もその一人だったので、詳しくは調べませんでした。

しかし、しっかり調べたら意外と簡単ではないか?

 

という結論に至り、父親や母親に話し、ふるさと納税を勧め、確定申告をしてあげるようにしました。(覚えたら簡単なので、1年目だけやってあげるだけですが・・)

 

なので、今回は読者の方にも「やってみよう!」と思えるように書けたら嬉しいです。

 

ふるさと納税の仕組みとは?

「私も最初2千円でお米とかなんやらが貰えるわけが無い。」

「なにか裏があるのでは?」

と感じていました。

仕組みは以下のようです。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度。

そのお返しに特産品をあげるよ~という仕組み。

私「地元だった○○市に寄付したろ。」

○○市「ありがとう!お返しにお米あげんで~」

という感覚。

簡単に話しちゃうとこんな感じです。

 

ここで疑問だと思います。

 

「2千円でお米もらえるの?」

「どこが節税?」

「怪しくない?」

 

これだけ聞いたら私も疑いますw

 

詳しくは下の図で説明します。

即席で画像を作成させていただきました。
大前提として、ふるさと納税は納税です!
医療費が控除される医療控除はご存知の方も多いと思います。
ふるさと納税は「寄附金控除」という扱いになります。
なので、控除が受けられます。
所得税と住民税から差し引くことが可能になります。
上の図での順番どおり説明させていただきます。

①ふるさと納税をする

さとふる楽天などが代表に上がってくると思います。
ここで注文をします。
米やお酒、果物など多くのものがあるので、自分が好きなモノを選んで注文してください。
クレジットカードは確定申告する方の名義のモノで!

基本的にネット通販の時はクレジットカードを使用すると思います。

原則、確定申告する方のクレジットカードを使用して購入してください。

というのも、納付された人=確定申告した人

というのが確定申告の原則になってくるからです。

 

しかし、現状クレジットカードの名義が違っても別に問題は無いという報告が多くありますが、念には念を入れてやっていきましょう。

 

②受領書が届く

当たり前なのですが、明細書のようなモノが届きます。

それは保管しておいてください。

来年の確定申告(2月中旬から3月下旬)に必要になります。

 

③確定申告

時は来ました。

今年の1月1日~12月31日までのモノを来年の確定申告(2月中旬から3月下旬)で行います。

 

また、来年の確定申告(2月中旬から3月下旬)でなければ受理されないのでお間違えないように!

 

必要なもの

・会社の源泉徴収

 

・ふるさと納税での受領書

——以下人によりけり——–

・生命保険の証明書

・国民年金、国民健康保険納付書

・医療費の明細書(医療控除)

・その他・・・

 

こんなけ用意して、税務署の確定申告作成コーナーで順番に記載していけばOKです!

意外と簡単に出来ちゃうものなんだな~と感じます。

後は、印刷して郵送orお近くの税務署に提出すれば完了です。

 

最近ではe-Taxというデータ送信で終わってしまうらしいです。。。

来年はちょっと挑戦してみようかな?と思っている筆者ですw

 

④税金が還ってくる&減額

確定申告が終わり受理されたら、

所得税は4~5月に自分で定めた銀行口座に還付されます。

住民税は来年度から減額されています。

 

つまりここで初めて納付した意味がでてくる訳ですね!

2千円というのは?
疑問ですよね?
答えは、、、
2千円を超えるモノが税の控除を受けられる対象だからです。
なので、自分が控除できる額を超えていなければ
2千であらゆるモノが頂けるということになります。
控除上限額の計算については控除上限額シュミレーターをお使いください。
こちらで所得、家族構成を打ち込めばだいたいの控除上限額が算出されます。
あくまで、大まかなもの。去年のデータ。ということを忘れないでください。
私の家は「控除上限額-1万円」まで納税するようにしています。
なにかの計算式が違ったり、年収が変わってきたりしたりと損してしまう恐れがあるからです。

メリット・デメリットについて考える

正直、メリットしかないと思います。

箇条書きでメリットをまとめます。

  • 2千円であらゆる物が頂ける。
  • 2千円であらゆる物が頂ける。
  • 2千円であらゆる物が頂ける。

もうこれに限るでしょう!!

 

逆にデメリットについて挙げるとしたら、

  • 算出した年収と違って2千円以上のお買い物になった
  • 医療控除分、その他の控除を考えず買ってしまった

などボンミスがなければ2千円でお米やらなんやらが買えると考えたらおいしい話ではないでしょうか?

 

私が調べた時の疑問!

私も最初怪しいと思っていた人間ですので、いっぱい調べました。

結論、ネットの通りメリットしかありませんでした。

そこで調べた疑問を書いてきたいと思います。

住民税を他でしてるってこと?

簡単にいってしまうと、そのようです。

元々は「ふるさと納税」という名前の通り「ふるさと」にするものだそうです。

なにが言いたいかと言うと、

ふるさとを出て都会に出る

都会は潤うが、ふるさとは過疎化

ふるさと納税で対策

 

という流れが一番わかりやすいかな、と思います。

この考えから生まれたのがふるさと納税でしょう。

ただ、2千円を損してまで納税する人が居ないから、お礼の品で活性化しようと考えたのでしょう。それが、ここまで賑わう形となったのでしょう。

 

 

しかし、

「地元がふるさとだったらできないじゃん!」

「他の地域のお礼の品のほうが良い!」

 

というところから誰でも、どこでもふるさと納税してもOKという風になったのではないか?と考えています。

 

仮に5つの自治体に寄付しても2千円?1万円?

1つでも5つの自治体でも2千円です。

計算があっていれば!

という条件はありますが。

 

5つの自治体に5千円の寄付でイチゴをお礼の品として頂いたとしましょう。

合計した2万5千円から2千円差し引いた額が控除対象になります。

なので、実質払っているのは2千円になります。

いつからいつのを確定申告をするの?
1月1日~12月31日の収入になります。
サラリーマンであれば源泉徴収書がもらえると思います。
それを参考にして頂ければよろしいかと思います。
なので、今始めよう!と思ったら、まずはシュミレーションをされると思います。
そこで、昨年の源泉徴収を参考にされると思います。
つまり、昨年と今年で収入が上下すると思います。
これがいわゆる計算の誤差になってきます。
なので、ゆとりをもってシュミレーションで算出された額から1万円ほど下げた額を寄付するようにすると安心かと思います。

まとめ

皆様も何事もチャレンジしましょう!

今より生活が豊になるヒントはあらゆるところに隠されています。

ふるさと納税もその一つだと捉えても間違いないと思います。

 

なので、確定申告がめんどくさいと毛嫌いせずに、まず1度挑戦してみてはどうでしょうか?!

 

以上、学生パパからのふるさと納税についてのお話でした!

最新情報をチェックしよう!