2020年に太陽光パネル設置の3つのメリットとは?元は取れるの?

 

太陽光は本当にお得なの!?

新居を購入された方の中では、太陽光パネル設置を検討されている方もいるのでは無いでしょうか?
実際私がその一人なので・・・。

ただ、その時に気にするのは以下の点では無いでしょうか?

  1. 元は取れるのか?
  2. 本当に利益が出るのか?
  3. デメリットもあるんじゃ無いか?

 

安い買い物では決して無いので、気になる点ばかりかと思いますので、
私は太陽光を設置した決めても踏まえて紹介していきたいと思います!

 

この記事を読むと分かること

  1. 太陽光設置のメリット
  2. 太陽光のデメリット
  3. 設置にかかる実際の金額

 

太陽光設置の3つのメリット

①半永久的に権利収入が得られる

多くの方もご存知の通り、太陽光パネルで作られた電気は電力会社へ売ることができるんです!

 

家庭用の太陽パネルは家の屋根につけるので、日当たりが悪くなければ付けなければ勿体無いという事になります。
基本的にビルや一部の家のように屋上がある等で屋根が無い家は太陽光断念するでしょうし、そもそもこの記事を読んでいないでしょう。

 

権利収入については以下記事にまとめておりますので、参考にしてみてください。

権利収入は怪しい?副業で一番必要な収入は権利収入!その理由と方法

 

今世間では「副業時代」や「複業時代」と言われており、
収入源は一つだけでは不安ということから、多くのサラリーマンが注目しており、
「複数の収入源を構築し、安定した収入源を獲得することでリストラされても大丈夫なように」
「今より収入をアップできるように」
する為に今日本では必要なものとなっております。

パパ
今の日本含めて今後の幸先が分からないですからね。。。
老後2000万円必要と言われているから尚更ですよね。。。
そこで太陽光パネルを設置する事で権利収入が得られます!
その説明をさせて頂きます!!

固定価格買取制度(FIT制度)

固定買取価格制度(FIT制度)とは?
再生可能エネルギーの普及を目的として、2012年にスタートした制度になります。
再生可能エネルギー(太陽光・風力・水力等)で発電した電気を電力会社が買い取る制度です。
2020年の現在では基本家庭用の10kW以下の発電量であれば、2030年までの10年間は24円単価で買い取ってもらえるという制度になります。
以下参考に過去から現在までの単価を記載します。
見てわかるように買取単価が下がっているのが分かりますが、機器設置費も比例して下がっているので、設置費用と費用対効果については五分五分といった所だと言われています。
また、10年のFIT制度後も買取費用は8円程度に下がってしまうのですが、
買取は継続して行ってもらえるので、太陽光をつけて無駄なことは何一つございません!

②震災時に大活躍

太陽光パネル単体では日が出ている時にしか使えません。
しかし、蓄電池というアイテムも購入をすれば日が出ている時に発電した電気を蓄電池に保存しておくことができます。

 

蓄電池に貯めておくことによるメリットが2つあります。

  1. 夜にも貯めた電気を使用できる。
  2. 震災時に電気が止まっても蓄電池から供給できる。

 

震災時の家族を守るための備えについてはこちらを参照ください!

かぞくの命を守る防災とは?子供を守るための備えの順番

蓄電池を買う事で節約になる?

電気プランを昼間は高く、夜は安いプランにします。
基本的には昼間は仕事等で外出する事が多いかと思いますが、
仮に家に居たとしても太陽光による電気で賄えます。
仮に天気が悪く発電出来なくても、蓄電池に貯めた電気を放出する事で買電は極力抑える事ができます。

は勿論太陽が出ていないので、蓄電池からの放出で電気代を抑えます。

結果として蓄電池を買う事で、震災時に備えるだけでなく、節約にも使えます!

③電気の見える化ができる

我が家・・・と言いますか、私だけですが、非常に見える化が出来ており、
太陽光や電気代に非常に関心して毎日見届けてます!

特に夜が楽しいですね〜
蓄電池から放電される電気で基本夜はやっているのですが、
無くならないようにヒヤヒヤしながら使っていない照明を切ったりしたりと・・・。

結果として節電に繋がるというロジック!!

パパ
息子たちが大きくなったら電気に関心を持ってくれるといいな〜
なんて思いながら見てたりもするのです。。。

 

太陽光パネルをつけるデメリットとは?

①初期費用がかかる

私は以下のセットで230万円掛かりました。

  1. 太陽光パネル(約5KW)
  2. パワーコンディショナ
  3. 蓄電池
  4. 設置費
  5. 停電時の予備回路設置
  6. モニター設置
  7. 操作盤設置

個人的にはここまでやってもらって230万円であれば安いのかな?と感じています。

もしかしたら、高いのかもしれませんが、そこに関しては気にしてもしょうがないので気にしない事にしています!

②保守・メンテナンス費用がかかる

 

設置した後に機会ですので、故障等が発生することも多々あるかと思います。
基本パネル等全て10年保証ですのでその間の故障に関しては保証が効くのですが、その後が問題になるのかと・・。

聞く話ですと10〜30万程度とのこと。
ただ、滅多に壊れないようで、壊れても10年後とかと聞いています。
結果としてメンテナンス費用はそんなには掛かりませんが、あくまで目安なのでこればかりはなんとも言えない状況。

③FIT価格が年々下降傾向にある

年々固定買取価格は減少傾向にあります。
ですので、メリットは無いと思われている方もいるかもしれません。
しかし、現在の24円単価でも月々10,000円を超える収益を出す事ができます。

ですので、私はあまり気にしていません(笑)

むしろ、震災の時に活躍してくれればそれでいいかな〜と思っています。
そのついでに太陽光で収益が出て、節約をできるなら良いかな?と考えています!

まとめ

太陽光をつけるメリットばかり語ってしまいましたが、
デメリットも多々ございます。

基本的には震災時に電気不足で困らないためにつけることを第一に考えて設置を考えたら良いと思います。
FIT制度も年々減少傾向にありますので、実際収益を出すという分野ではあまり見込めないでしょう。
ただ、節約という分野では非常に発揮すると思います。

太陽光を導入することによるまとめ
  1. 震災時には活躍してくれるでしょう!
  2. 電気代を安く節約してくれることは間違えないでしょう!
  3. FIT制度での固定買取額が下がっているので、収入は見込めないでしょう!
最新情報をチェックしよう!